スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

長谷川町子美術館

 さて、日曜日の18:30のサザエさんを見ていて、波平とマスオさんが利用するあさひが丘の駅は実在するのか知りたくなった。ネットで検索すると、サザエさんは世田谷区の桜新町をイメージしているらしい。というのも、原作者の長谷川町子さんが上京して漫画家として大きく飛躍した場所とのこと。桜新町にはサザエさん通りがあり、長谷川町子美術館がある。片道12km。平成24年5月19日決行。ポタリングよりはサイクリングなみの距離だ。

1.NATURAL LAWSON
 新宿通りから外苑西通りを左に入り、青山通りに向かって下る。いつものように、外で食べるためにサンドイッチを調達するが、たまたま、NATURAL LAWSONが、神宮外苑にあったので、ここで購入。その隣の店に何やらあやしいマネキンがいる・・・。後でネットで検索するとハニーファイバー株式会社 おたふくわた事業部というところでふとんのショールームらしい。

saza1.jpg saza2.jpg

2.宮下公園

 青山通りを渋谷方面へ。宮下公園という名前は聞いたことがあるので、行ってみることとする。地図通りにたどり着くと公園らしきものはないのに宮下公園という看板がある。なんと立体駐車場の上が運動公園になっている。フットサル・スケートボード・ロッククライミングなどができ、横を山手線が走る。電車を見ながらサンドイッチを食べる。

saza3.jpg

3.波平さんの毛が抜かれる

 渋谷から玉川通りをかなりの距離を進む。本格ロードバイクに追い越されながら、三軒茶屋を過ぎ、駒沢大学を過ぎたあたりで、桜新町駅に向かうため右斜めを進む。
 桜新町駅には、サザエさんファミリーの銅像があるので、そこで写真を撮りたいがたくさんの人がいるのであきらめる。
 後に、波平さんの頭に一本生えている毛が、二度にわたって抜き取られていたという事件があったらしい。ネットで検索すると、銅像は3月25日に、駅周辺の4カ所に計12体が設置された。毛は銅像本体と別の部品で、頭部に差し込んで接着剤で固定されていた模様。大型連休明けの7日ごろ、駅西口にある波平さんの銅像の毛が根元から抜き取られているのを関係者が発見した。すぐに予備の毛を付けたが20日に再び抜けていた。あれ?ということは、僕が訪れた後に抜けていることが発見されている。

saza9.jpg

4.サザエさん通り・長谷川町子美術館

 東急田園都市線桜新町駅を過ぎて、左にサザエさん通りがある。写真のとおりサザエさんのキャラクターがいっぱい。

saza4.jpg saza5.jpg
 
 ゆっくりと玉川通り方面に向かうと交番があり、そこを右斜め方向に行くと長谷川町子美術館がある。入館料は600円。
 長谷川町子さんが収集した絵画などの展示と、サザエさん誕生の秘話、サザエさんの家のミニチュアなどがあった。長谷川町子のお母さんが決めたらすぐ行動のきっぷくの良いお母さんで、お姉さんと作った会社の姉妹社からサザエさんが出版されていること、これらが戦後まもなくで、闇市などが話に出てくる時代ということで、昔の人はバイタリティーがあるなぁと思った。
 お土産コーナーで、本当は子供たちのためにぬりえを購入したかったのだが、A3判なのでリュックサックに入らないのであきらめ、クッキーにした。

saza6.jpg saza8.jpg
saza7.jpg

スポンサーサイト
2012-07-05(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

ふみゆ

Author:ふみゆ
自転車で東京ライフにゆとりを

にほんブログ村のみなさんの画像
フリーエリア
よければポチッとクリックして下さい。
にほんブログ村 自転車ブログへ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。