スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

井の頭公園

 ネットで検索していると、ポタリング In Tokyoというブログを発見し、数々のサイクリングコースの紹介があり、その中で、井の頭公園は割と行けそうな気がしたので、平成24年5月13日に実行に移してみた。

1.自転車専用レーン

 新宿都庁を目指して、新宿通りを走り、新宿御苑から新宿駅を過ぎ、甲州街道と並行する都道431号線に入る。ここは、自転車専用レーンがあり、しかも偶然かもしれないが、信号が変わるタイミングが、ちょうど自転車のスピードに合っており、ほとんどノンストップで走ることができる。(写真は帰りに撮影。奥は都庁。)
 東京に来て初めての遠出で、土地勘もないものだから、途中で地図を確認しながら走るが、これまた、431号線沿いには、都合良く公園があって、日陰で休憩もできる。サイクリストには本当に恵まれた環境だと思う。

ino1.jpg


2.環状7号線から神田川へ

 よく「環七」とか耳にするところを自転車で走ることに感慨深くなる。ドンキホーテなどを横に見ながら、間もなく神田川にぶつかる。神田川をずっと上流へ。
 またよく聞く神田川。写真のように、サイクリングコースが整備されていて、この時点で井の頭公園まで10km。なかなかの距離だが、もう行くしかない。
 神田川流域は、良い住宅地が多く、もし長く住むならココかなとか考えながら走る。鯉が泳いでいたり、鴨が休んでいたり、やはり、四ツ谷とは空気が違う気がする。神田川のベストショットを探し、チャリを含めてパシリ。指が入ってしまう失敗・・・。

ino2.jpg ino3.jpg


3.井の頭公園

 神田川のサイクリングロードは、途中で知らない間に途切れ、見慣れぬ住宅地に入ってしまう。これは白石のサイクリングロードの東札幌側と似ている。
 ポケット地図を駆使して、なんとか井の頭公園駅までたどり着く。近くに店はほとんどなく駅前のセブンイレブンでサンドイッチとポカリを買って公園内へ。
 思えば、ウエストバックはドリンクが入る大きさではなく、ドリンクを買っても持っていけないので、ここまで水分補給ができず、次回はリュックで行くべきと反省。

 井の頭公園は、アクセサリーや絵画を売る露店があるのが有名らしく、横目に見ながら散策。まあまあの人出で比較的大きな池でボートを見ながらサンドイッチを食べる。
Little RichardのLong Tall Sally(のっぽのサリー)などを路上ライブしているおじいさんもいたり。

ino4.jpg ino5.jpg


4.輪島功一さんを見る

 井の頭公園のすぐ側にジブリ美術館がある。ここは予約制なので当日は入ることができず、入口まで行ってみることにした。すると途中で、大きな犬をリードも付けずに連れ歩き、ブツブツ言いながらゴミ拾いしているおじさんがいた。ふと、背中を見ると、輪島功一ジムと書いてあるジャージだった。
 なんと、東京ではじめて出会った有名人が輪島功一さんに。

ino6.jpg ino7.jpg

 家に戻ってネットで確認すると、井の頭公園周辺での出没情報が続々。輪島功一さんは昭和46年、世界タイトル王座を獲得。現在は、タレントとして活躍する一方、国分寺市内で団子店「だんごの輪島」を経営しているらしい。

 また、四ツ谷から井の頭公園までの距離ってどのくらいと疑問に思ったので、検索すると片道17.8km!なんと往復で35km!!この数字をみてドッと疲れが出る。

スポンサーサイト
2012-07-04(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

ふみゆ

Author:ふみゆ
自転車で東京ライフにゆとりを

にほんブログ村のみなさんの画像
フリーエリア
よければポチッとクリックして下さい。
にほんブログ村 自転車ブログへ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。