スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ルイガノTR-1のタイヤ交換をDIYで!

 さて、思い立ったら早目に行動したくなる性分でして、タイヤを交換しちゃいます。良くある35Cのタイヤを28Cにしてしまうやつです。
 これはタイヤの太さの単位で、細くすることで抵抗を少なくして、かるーいぺダリングで気持ち良く自転車を走らせようとするもの。
 東京にいるので、いろいろと準備しなくてはなりませんね。
 でも、この時代ネットで全部買えちゃうんです。これはすごい!
 しかも、自転車という分野は口コミが外れていないので参考になるから、良いものを買えちゃうんです。


1.用意するもの

 道具としては、まず空気入れ、そしてタイヤレバー。基本的にはこれだけで良いですね。今のクロスバイクのタイヤはクイックリリースなので、タイヤを自転車から外すのに工具いらない。昔はモンキースパナ二つで左右を同時にグリグリと回したなぁ。

 タイヤレバーは、札幌に帰省した時に持ってきた。でも、空気入れは持ってこれないので買うしかない。
 空気入れの購入で気をつけないとならないのが、仏式・英式の違い。ルイガノTR-1は英式のバルブ。
 タイヤを28Cにするので、チューブも28C対応に変更。ついでに、英式ではなく仏式のバルブのチューブにしたほうが、空気圧管理ができるので便利。
 このプランにすると、空気入れは仏式対応のものを購入すべし。
 それから、もともと英式バルブのホイールに仏式バルブを使うとなると、バルブの太さが違うのでスペーサーも必要となるので要注意。

 さて、私が買いそろえなければならないのは、次の品。
・携帯用空気入れ
・28Cのタイヤ2つ
・28C用の仏式バルブのチューブ2つ
・バルブ穴スペーサー

 これをすべてAmazonで購入。次の商品です。

 

 


2.タイヤ交換作業

 写真のような感じですぐに配送される。タイヤは丸まんまで配送される。
 
 IMG_0594_R.jpg

IMG_0595_R.jpg


 まずは、ブレーキ。スポーツタイプの自転車に多いVブレーキ。噛み合っている部分を手でひょいと外す。この辺は感覚的には知恵の輪なので、動かしているうちに外れる。

IMG_0601_R.jpg


 タイヤを外す。クイックリリースなので、すぐに外れる。

IMG_0596_R.jpg

IMG_0602_R.jpg


 バルブから空気を抜く。上のネジをゆっくりと回し、虫ゴムがぶっ飛ばないように慎重に空気を抜く。

IMG_0603_R.jpg


 ホイールからタイヤを外す。写真のようにタイヤレバーをかけて、指で隙間をホイールに沿って広げるイメージで。少しコツがいる作業。

IMG_0604_R.jpg

 
 タイヤのないホイール

IMG_0605_R.jpg


 チューブを取り付ける前に、ほんの少し空気を入れておく。

IMG_0607_R.jpg


 タイヤをホイールに取り付ける。タイヤの片方のビートをホイールの溝に入れ、チューブを入れる準備をする。(写真を写すの忘れた)

 チューブを納める。まずは、バルブの部分を通し、ねじれないように納める。さっき最初にチューブに空気を入れた理由は、この時にチューブがねじれることを防ぐため。

IMG_0608_R.jpg


 スペーサーはバルブにつけるが、この時点では上のほうにつけておく。(根元まではつけない)

IMG_0610_R.jpg


 もう片方のビートをホイールに納めるけど、この時にチューブをホイールのリムとタイヤのビートの間に挟まらないように注意しながら入れる。(完全にタイヤの中に納めるというイメージ)
 最もコツがいるのが、最後にビートを納めきる時。タイヤのビートの円(内径)はホイールのリムの円よりも確実に小さい。ということは、結構な力を入れて、ゴムであるタイヤを指の腹を使いなんとか広げて納めるしかない。
 このパナレーサーというタイヤは、結構カタイのかなりの力を必要とする。女性では難しい場合もある。(コツを覚えればできるかも)
 ということで、ここも必死だったので写真に撮るのを忘れた。

 うまくできたら、左右のリムの隙間を確認して、リムとビートの間にチューブが挟まっていないか確認する。挟まったまま空気を入れると確実にものすごい爆音とともにチューブが破裂する。(昔破裂させた経験あり)

 バルブの部分のチューブがリムに噛んでいる可能性があるので、注意深くバルブを押し込んで戻すというようにして、チューブがタイヤの中に納まるようにする。これもコツがいる。

 そして、空気を少しずつ入れて、タイヤをもみもみしながら、タイヤがホイールとバランス良く取り着くように注意深く見るのと同時に、チューブを噛んでいる部分がないか確認する。場合によっては少し空気を抜き、もみもみをするということを繰り返す。
 ということで、ここも必死だったので写真に撮るのを忘れた。
 
 そして、写真はもう完成している前輪のタイヤ。(あまり参考にならなかったかも)

IMG_0613_R.jpg


 ご覧のように、後ろタイヤとの比較。幅が35㎜から28㎜に。7㎜の違いだが、こうして見ると結構違う。

IMG_0622_R.jpg


 さて、全く同じように後ろタイヤの作業も。なお、タイヤを外す時は変速機でチェーンの位置を一番外側の小さい円のところにしておくこと。

IMG_0615_R.jpg


 写真は、突然に完成写真(笑)。
タイヤ交換前と比較してどうでしょう?速そうな自転車に見えるでしょうか。

(旧)
IMG_0528_R.jpg
(新)
IMG_0618_R.jpg

(旧)
IMG_0532_R.jpg
(新)
IMG_0623_R.jpg


 もし、タイヤ交換を自分でやってみたい方はご参考に。
 初心者の方は、経験のある人に手伝ってもらったほうが良いと思います。
 最初の頃はネットなんかなかったし、無謀にもタイヤ交換の仕方も良く分からず試行錯誤で挑戦したうえ、結局チューブを破裂させてしまうという苦い経験が。。。私は、これで3回目の交換ということでビギナーを卒業してもいいだろうか(笑)。



スポンサーサイト
2013-06-30(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

今後とっても軽い走りになるのでしょうね。たのしみですね。
2013-07-13 17:53 | Kaol_Supple | URL   [ 編集 ]

コメントありがとうございます。 

はい。思いのほか違いがあってびっくりです。
自転車って、あらためて奥深いなぁと思いました。
2013-07-15 23:42 | ふみゆ | URL   [ 編集 ]

プロフィール

ふみゆ

Author:ふみゆ
自転車で東京ライフにゆとりを

にほんブログ村のみなさんの画像
フリーエリア
よければポチッとクリックして下さい。
にほんブログ村 自転車ブログへ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。