スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

おばあちゃんの原宿「巣鴨」へ

 10月14日。天気予報では雨は降らない予報だが、なんだか雲行きがあやしい。そんなに遠くに行けないかな。四ツ谷からだと東西南北で、北の方面に行っていないようなので、ちょうどどの方面に巣鴨があった。ひと目見たくて行ってみることにする。
 片道8㎞。最高気温が20℃に達せず、はじめてウインドブレーカーを着用。


1.源覚寺

 なぜ、このお寺に行くのか。「こんにゃく閻魔さま」がいると知ったので。東京ドームの後楽園駅側の千川通りを大塚方面に向かうと、左側に源覚寺があらわれる。

sg1.jpg

 なんで「こんにゃく」なのか。源覚寺のホームページには次のとおり載っている。
 閻魔さまの右目部分は割れて黄色く濁っています。それにはこんな言い伝えがあります。
 宝暦年代のころ(1751年〜1764年)、眼病を患った老婆が閻魔大王に21日間の祈願を行ったところ、夢の中に大王が現れ「願掛けの満願成就の暁には、私の両目の内、ひとつを貴方に差し上げよう」と言われたそうです。満願の日に、老婆の目は治りました。
 以来、大王の右目は盲目となりました。老婆は感謝のしるしとして好物の「こんにゃく」を断ち、それを供えつづけたということです。このことから、源覚寺の閻魔さまは「こんにゃく閻魔」と呼ばれるようになり、眼病治癒の閻魔さまとして人々の信仰を集めています。
 夏目漱石の「こころ」にも登場するとか。


2.白山通り・旧中山道

 どうして白山通りに着目するかというと、白山通りと国道17号線は旧中山道と言われていて、そこを走ると巣鴨に着くので。旧中山道は、某局のアナウンサーが「いちにちじゅうやまみち」と読んだのが有名のため、気になるフレーズだった。
 そのことはさておき、きっと歴史ある街道のひとつに違いない。ネットで検索して最も心に残ったのが以下の記載。

 京から信濃を通り、東国に向かうルートを中山道と表記するのは、すでに『太平記』(1371年頃)に見られます。したがって中世にはその名で呼ばれていたと推測されています。
 戦国時代には、北条氏が関東の中山道に伝馬制を敷き宿駅を整えています。そして、徳川家康は関ヶ原の戦い(1600年)に勝利した翌年、慶長7年から街道の整備にとりかかり、まず東海道を、そして慶長8年(1602)には中山道を整備しています。いかに家康が人、物、情報を運ぶ街道を重視していたかがわかるというものです。江戸幕府が開かれると、翌、慶長9年(1604)には江戸日本橋を起点として諸国の街道の両側に一里塚を造成し、道の脇には松並木が植えられました。江戸五街道が一応の完成をみたわけです。
 中仙道という文字を用いることもありますが、正徳6年(1716)江戸幕府は、公式に中山道と表記する通達をだしました。江戸と京都を結ぶ大幹線道路が東海道とすれば、同じく江戸と京都を結ぶ中山道は、いわば裏街道・バイパスといえます。中山道は533㎞、草津宿で東海道と交わり69の宿場がありました。昔の旅人はおよそ15日で歩いた、あるいは12日の旅程という記述もあるので、いずれにしても大変な健脚でした。

sg11.jpg


3.とげぬき地蔵

 あっという間に巣鴨。巣鴨地蔵商店街はご婦人方でいっぱい。これは自転車を置いていかないと迷惑になる。商店街は、お祭りみたいに露店が立ち並んでいる。驚いたことに、女性用かつらの露店なんかもあった。生活相談所も多かった。

sg2.jpg

 ほどほど歩くと右側に「高岩寺」があらわれる。
 とげぬき地蔵の由来は、その昔、女中が誤って口にくわえた針を飲んでしまった時、地蔵菩薩の御影を飲み込んだところ、針を吐き出すことができ、吐き出した御影に針が刺さっていたということらしい。そこから他の病気の治癒改善にもごりやくがあるとされ、現在に到るまでそのごりやくを求めて高齢者を中心に参拝者が絶えないとのこと。

 写真は香炉で、お香を投げ入れその煙を体の気になる部分に「良くなるように」すり込む。

sg3.jpg sg4.jpg


 かなりの行列になっているところがあったので、先をみると観音様を洗う順番を待っているようだった。これは、洗い観音といって、自分の悪いところを洗うと治るという信仰があるらしい。

sg41.jpg


 小雨が降っており、今日はこれで帰ることにする。今の日本の豊かな暮らしは、巣鴨を訪れる方々の世代が作り上げたもの。心より感謝します。

スポンサーサイト
2012-10-28(Sun)
 
まとめ【おばあちゃんの原宿「】
 10月14日。天気予報では雨は降らない予報だが、なんだか雲行きがあやしい。そんなに遠くに行けないかな
[まっとめBLOG速報]  2012-11-22 01:08

コメントの投稿

非公開コメント

やっぱりなかなか 

遠いのでよることはあまりないが、巣鴨はいまでも活気がありますね。
なんかほのぼのしかし、ごみごみしている感じがいいですね
2012-11-04 14:37 | kaol_supple | URL   [ 編集 ]

ほのぼの 

ほのぼのと活気が融和するのはここだけかもi-237
近くに六義園という公園があって、これから紅葉がきれいらしいですよ。
春は桜の名所だとか。
2012-11-04 23:41 | ふみゆ | URL   [ 編集 ]

プロフィール

ふみゆ

Author:ふみゆ
自転車で東京ライフにゆとりを

にほんブログ村のみなさんの画像
フリーエリア
よければポチッとクリックして下さい。
にほんブログ村 自転車ブログへ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。