スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ルイガノTR-1のタイヤ交換をDIYで!

 さて、思い立ったら早目に行動したくなる性分でして、タイヤを交換しちゃいます。良くある35Cのタイヤを28Cにしてしまうやつです。
 これはタイヤの太さの単位で、細くすることで抵抗を少なくして、かるーいぺダリングで気持ち良く自転車を走らせようとするもの。
 東京にいるので、いろいろと準備しなくてはなりませんね。
 でも、この時代ネットで全部買えちゃうんです。これはすごい!
 しかも、自転車という分野は口コミが外れていないので参考になるから、良いものを買えちゃうんです。


1.用意するもの

 道具としては、まず空気入れ、そしてタイヤレバー。基本的にはこれだけで良いですね。今のクロスバイクのタイヤはクイックリリースなので、タイヤを自転車から外すのに工具いらない。昔はモンキースパナ二つで左右を同時にグリグリと回したなぁ。

 タイヤレバーは、札幌に帰省した時に持ってきた。でも、空気入れは持ってこれないので買うしかない。
 空気入れの購入で気をつけないとならないのが、仏式・英式の違い。ルイガノTR-1は英式のバルブ。
 タイヤを28Cにするので、チューブも28C対応に変更。ついでに、英式ではなく仏式のバルブのチューブにしたほうが、空気圧管理ができるので便利。
 このプランにすると、空気入れは仏式対応のものを購入すべし。
 それから、もともと英式バルブのホイールに仏式バルブを使うとなると、バルブの太さが違うのでスペーサーも必要となるので要注意。

 さて、私が買いそろえなければならないのは、次の品。
・携帯用空気入れ
・28Cのタイヤ2つ
・28C用の仏式バルブのチューブ2つ
・バルブ穴スペーサー

 これをすべてAmazonで購入。次の商品です。

 

 


2.タイヤ交換作業

 写真のような感じですぐに配送される。タイヤは丸まんまで配送される。
 
 IMG_0594_R.jpg

IMG_0595_R.jpg


 まずは、ブレーキ。スポーツタイプの自転車に多いVブレーキ。噛み合っている部分を手でひょいと外す。この辺は感覚的には知恵の輪なので、動かしているうちに外れる。

IMG_0601_R.jpg


 タイヤを外す。クイックリリースなので、すぐに外れる。

IMG_0596_R.jpg

IMG_0602_R.jpg


 バルブから空気を抜く。上のネジをゆっくりと回し、虫ゴムがぶっ飛ばないように慎重に空気を抜く。

IMG_0603_R.jpg


 ホイールからタイヤを外す。写真のようにタイヤレバーをかけて、指で隙間をホイールに沿って広げるイメージで。少しコツがいる作業。

IMG_0604_R.jpg

 
 タイヤのないホイール

IMG_0605_R.jpg


 チューブを取り付ける前に、ほんの少し空気を入れておく。

IMG_0607_R.jpg


 タイヤをホイールに取り付ける。タイヤの片方のビートをホイールの溝に入れ、チューブを入れる準備をする。(写真を写すの忘れた)

 チューブを納める。まずは、バルブの部分を通し、ねじれないように納める。さっき最初にチューブに空気を入れた理由は、この時にチューブがねじれることを防ぐため。

IMG_0608_R.jpg


 スペーサーはバルブにつけるが、この時点では上のほうにつけておく。(根元まではつけない)

IMG_0610_R.jpg


 もう片方のビートをホイールに納めるけど、この時にチューブをホイールのリムとタイヤのビートの間に挟まらないように注意しながら入れる。(完全にタイヤの中に納めるというイメージ)
 最もコツがいるのが、最後にビートを納めきる時。タイヤのビートの円(内径)はホイールのリムの円よりも確実に小さい。ということは、結構な力を入れて、ゴムであるタイヤを指の腹を使いなんとか広げて納めるしかない。
 このパナレーサーというタイヤは、結構カタイのかなりの力を必要とする。女性では難しい場合もある。(コツを覚えればできるかも)
 ということで、ここも必死だったので写真に撮るのを忘れた。

 うまくできたら、左右のリムの隙間を確認して、リムとビートの間にチューブが挟まっていないか確認する。挟まったまま空気を入れると確実にものすごい爆音とともにチューブが破裂する。(昔破裂させた経験あり)

 バルブの部分のチューブがリムに噛んでいる可能性があるので、注意深くバルブを押し込んで戻すというようにして、チューブがタイヤの中に納まるようにする。これもコツがいる。

 そして、空気を少しずつ入れて、タイヤをもみもみしながら、タイヤがホイールとバランス良く取り着くように注意深く見るのと同時に、チューブを噛んでいる部分がないか確認する。場合によっては少し空気を抜き、もみもみをするということを繰り返す。
 ということで、ここも必死だったので写真に撮るのを忘れた。
 
 そして、写真はもう完成している前輪のタイヤ。(あまり参考にならなかったかも)

IMG_0613_R.jpg


 ご覧のように、後ろタイヤとの比較。幅が35㎜から28㎜に。7㎜の違いだが、こうして見ると結構違う。

IMG_0622_R.jpg


 さて、全く同じように後ろタイヤの作業も。なお、タイヤを外す時は変速機でチェーンの位置を一番外側の小さい円のところにしておくこと。

IMG_0615_R.jpg


 写真は、突然に完成写真(笑)。
タイヤ交換前と比較してどうでしょう?速そうな自転車に見えるでしょうか。

(旧)
IMG_0528_R.jpg
(新)
IMG_0618_R.jpg

(旧)
IMG_0532_R.jpg
(新)
IMG_0623_R.jpg


 もし、タイヤ交換を自分でやってみたい方はご参考に。
 初心者の方は、経験のある人に手伝ってもらったほうが良いと思います。
 最初の頃はネットなんかなかったし、無謀にもタイヤ交換の仕方も良く分からず試行錯誤で挑戦したうえ、結局チューブを破裂させてしまうという苦い経験が。。。私は、これで3回目の交換ということでビギナーを卒業してもいいだろうか(笑)。



スポンサーサイト
2013-06-30(Sun)
 

ルイガノ TR-1

 ここで、突然のタイミングで、愛車が変更となります。
 同僚が、ルイガノ→GIANT ESCAPE R2X購入ということで、ルイガノをもらえることになったのです。
これまでのヴァクセンは、別の同僚の元へ行くことになりました。

 あっという間の出会いと別れでしたが、3×8の24段変速、700Cのタイヤということで、これまでよりもさらに行動範囲が広がりそうで、少しワクワクしています。

 さて、今後共にする自転車は、ルイガノのTR-1 470mm トマトレッドというオレンジに近いレッドです。ステムの角度の調節が可能となっており、サドルはサスペンション付です。

 フレームサイズが470mmなので、身長170cmの私にはジャストの大きさ。
早速クイックルワイパーのシートで、きれいに拭いていった結果が次の写真です。

IMG_0527_R.jpg


 今までが20インチのタイヤだったので、700Cのタイヤは大きく見えますね。
 ステムの角度は限りなく平行に。

 ライトは、Y’s Roadでワゴンセールの中から購入。通常1,980円のところ、1,386円で売っていました。車体よりもオレンジオレンジなライトなので、少し目立ってしまうけど、取り付け位置を控えめな位置にしたので、これはこれで良し。

IMG_0523_R.jpg IMG_0524_R.jpg

IMG_0529_R.jpg


 スマホホルダーも定位置に装着。

IMG_0530_R.jpg


 タイヤ幅が35mmなので少し太いかな。しかもセミスリックみたいな形状になっている。
 帰省していない土日は暇な時間もあるので、ここは今後思い切って取り替える予定。

IMG_0532_R.jpg

IMG_0533_R.jpg




2013-06-22(Sat)
 

おすすめスマホホルダー

MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー ブラック iH-100-S

 i Pod touch5は、自転車のなんちゃてナビとしては、かなり使えることは、彩湖に行った記事でも紹介したが、どうも、ポケットから出して、そしてしまってという動作が、落してしまいそうな不安がつきまとう。
 スマホをナビとして、またサイクルコンピュータとして活用できるようアプリが多くあって、そのため、自転車に取り付けるホルダーも、Amazonにたくさんある。

suma10.jpg


 最初、防水機能がある収納タイプのホルダーに目移りしたが、冷静に判断すると、「写真を撮る」という動作が、かなり多くなると想定されたので、本体そのものを簡単に取り外しできるものが絶対条件となった。

 各地で自転車コーナーを巡っても、これに該当するホルダーはなかなかなく、あっても3,000円近くする状況。やはり、Amazon。その中でも、このミノウラは、口コミも高評価が多かったので、クリッククリック。1,959円!

suma11.jpg


 さて、ご覧の部品が入っている。真ん中のパットは、厚さの薄いスマホの場合にアジャストできるもの。iphone5ぐらいになるとかなり薄いので、このパットを使うことになる。今市場にあるスマホのほとんどに対応していると思われる。

suma12.jpg


 付属のロッカクレンチであっという間に組み立て。

suma13.jpg suma15.jpg


 左右から挟めるタイプ。かなりしっかり締まる。裏にリリースボタンがあって左右に広がるので、スマホの取り付け取り外しがチョー簡単。

suma14.jpg


 さて、自転車のハンドルに取り付け。ハンドルの太さに合わせて、調整ネジを緩めたり締めたり・・・。バンドがパチンとなるよう抵抗を考えての取り付けとなる。それでも、数分でしっかり取り付けられる。

suma16.jpg

suma17.jpg


 実際にi Pod touch5を取り付ける。少し目立ちますかね。本体がブラックだったので、統一感が出ている。i Podをブラックにして良かったと実感した。

suma18.jpg

suma19.jpg

suma20.jpg


 このあと、桜を見に往復で10㎞程走ったが、ビクともせず、外れるような感じは全くなかった。操作性も抜群で、しかも気付いたのが、GPSがついていないi Pod touchでも、まるでGPSがついているかのように、自車位置が地図上を移動する!何でだ!これならGPSはいらないのではないか。

 いずれにしても、このホルダーはおすすめである。下をクリックするとAmazonのサイトにいくのでご参考に。しかも、また安くなっているし。
 ついでに、クルマ用にも買いました。

 
2013-03-20(Wed)
 

埼玉県まで走って太郎焼き食べた

 前回のポタは、北方面にペダルをこいだものの、小雨のため巣鴨で引き返したもんで、10月27日はすがすがしい秋晴れなので、再び北方面に向かうこととした。気温20℃。
 さて、北海道にいると県境というものがないので、せっかくだからそれを越えるという経験をしてみたくなった。一番近いのが埼玉県。
 靖国通り→明治通りをひたすら北へ→池袋→王子→赤羽岩淵→荒川越え→埼玉県川口市。
 今回はルートラボを使用。片道16㎞ほど。




1.新宿イーストサイドスクエア

 新宿通りから明治通りへ右に曲がり、ちょっとだけ進むと、右側になんだか不思議なデザインのビルが見えた。これは帰ってから調べなくては。で、東新宿の地上20階のオフィスビル。地下にはファーストフードなどの店もあるよう。東京って、たくさんの高層ビルがありつつ、それが札幌ではありえないデザインになっているからすごい。

sa11.jpg


2.神田川

 そして神田川。このブログに何回登場したでしょう。でも、ちょっと不思議な見え方している。地下を流れる妙正寺川と合流しているところらしい。こんなところで自転車を含めて携帯で写真とっていると、みんな変な目で振り返るんだよね・・・

sa12.jpg

sa13.jpg


3.サンシャイン60

 あら、写真の上が切れてしまっている。高さは239.7m。1978年に開業、完成当時は東洋一の高さで、世界一のエレベーターの速さだったとのことで60階まで35秒とか。たしか、1989年に高校の修学旅行で訪れたような記憶がある。なお、高層ビルの屋内展望台の高さとしては都内一らしい。都庁のほうがビルの高さは高いみたいだけど。

sa14.jpg


4.白山通り(中山道)

 前回の巣鴨のブログでこのことを書いた。この明治通りと交わるところに「中山道」って書いてある。まだまだ明治通りを北へ。

sa15.jpg


5.飛鳥山公園

 さて、本郷通りと交わると目の前に飛鳥山公園がある。写真のように路面電車が走っている。これは都電荒川線。さっきの神田川のところも走っている。数えきれない地下鉄、ゆりかもめとかモノレールなどが走っている東京で、札幌にもある路面電車が走っているのは不思議。

sa166.jpg


 飛鳥山公園って、なんか歴史ありそう。徳川吉宗がつくった公園とのこと。すごいね。写真の石碑は、飛鳥山の碑といって、1737年に建立!
 右の石碑は、桜賦の碑。1881年に建立。

sa16.jpg sa17.jpg

sa18.jpg


 飛鳥山公園モノレールのところ。写真はないが、車両にアスカルゴという名前がついている。王子駅から公園に向かう時に体の負担にならないように。

sa19.jpg


 ちょうど小腹が空いていたとき、たこ課長というたこ焼き屋さんが見えた。公園内の売店のものよりもおいしいはず。行ってみると、1パック400円で、その場で焼いてくれた。また公園に戻って、花畑の前のベンチへ。ふわふわとろとろで、すっごくおいしかった。

sa155.jpg


6.環七

 王子から北本通を北へ、南北線に沿ってペダルをこぐと、これもこのブログで何回も登場する環七と交わる。きっと環七だけをずっと走るというのも楽しいのでは。

sa20.jpg


7.荒川

 いよいよ県境の荒川。橋を越えると埼玉県!
 荒川もこのブログでは2回目の登場。前は、スカイツリーでロードバイクをレンタルした時に渡った。今回は、自分の自転車で。
 看板の下、ほかのお客さんの自転車があって、ONLYとはいかなかったが、まぁ良しとする。
 河川敷は、サイクリングロードとなっていて、高額ロードバイクにまたがるかっこいいジャージのサイクリスト達がいっぱい。

sa22.jpg


 これは、新荒川大橋。

sa23.jpg


 橋からの埼玉方面の眺め。見える橋は埼京線の橋。

sa27.jpg


8.埼玉県川口市

 さぁ県境を越えました。北海道では飛行機か船か、または海底で電車で越えるかしかない。自転車で気軽に越えられるのが素敵。
 右にみえるのはものすごい高い高層マンション。後で調べると「エルザタワー55」と思われる。高さ185m。55階建て!さっき見たサンシャイン60とたいして変わらんのじゃないの!! 最上階にはどんな人が住んでいるんだろう?

sa24.jpg


 せっかくなので川口駅まで。「太郎焼き」?? よく見る「おやき」だけど何かが違う。なんかピシッとしているというか、生地ももちもち。昭和28年創業と。その歴史をかみしめて食べることとした。

sa25.jpg

sa255.jpg


 県境を自転車で越えるというのは、北海道で経験できないことだし、良い思い出となったところ。

2012-11-04(Sun)
 

Deuter Trans Alpine 25(ドイタートランスアルパイン25)

 これまでに、帰省のために使用していたバックパック(リュック)の内側の防水加工が、経年劣化でボロボロになってきた。学生時代から使用していた「THE NORTH FACE Yavapay」の黒のバックパックだが、さすがに20年近くの使用には限界がきたようだ。しかし、この長年、キャンプや旅行、帰省で大活躍。本格アウトドア製品の品質の高さにあらためて驚いた。

 新しいバックパックを買おう。早速ネットで調べると、ドイターというメーカーに目が止まる。よく見るデザイン。

  d8.jpg

 ドイターとはどのような会社か。ドイターは1898年にドイツで創業されている。1953年のヘルマン・ブールによるヒマラヤ・ナンガパルパット峰への単独・無酸素登頂時にバックパックの提供を行ったことで、その性能の高さを実証させたらしい。特に登山者向けのバックパックにおいては高い信頼性があるとのこと。

 ドイツ製という響きが、所有欲を湧き立たせる。さらに、トランスアルパインという、マウンテンバイクツアー用に設計されたモデル。これはいっきに第一候補だ。なお、Trans Alpine(トランスアルパイン)とは、「アルプス越え」という意味。
 
 Amazon(アマゾン)で検索に検索。他に、mont-bell(モンベル)や、これまでお世話になったTHE NORTH FACE(ザ ノース フェース)も候補となったが、やはり、自転車用というキーワードは強力。もう、ドイターで頭がいっぱいになった。
 で、これは、自転車のブログに載せることができるなと。ジャンルはカスタマイズでいいかな。(てきとうすぎ 

 さて、Amazonで検索しても、なかなか良いものが見つからない。30ℓなら選べそうな色があるが、大きすぎるような気がする。25 ℓがちょうど良いと思うが、Amazonの出品で良い色がみつからない。やはり人気商品なのか、Amazonの出品でなければあるけど。

 前も行ったが、ららぽーと豊洲にゼビオスポーツがあり、そこに見に行くことにする。ドイター、パタゴニア、グレゴリーをはじめ、ノースフェース、コロンビア、ミレー、特にコールマンは安い。でも、ドイターのトランスアルパインはない。1Fの東急ハンズにも行くも同様。

 さらにネットで検索。すると、木場のイトーヨーカドーの中にあるヒマラヤでたくさんドイターがあるというのをヤフー知恵袋で見つけた。早速、地下鉄を乗り継いで行ってみる。
 なんと、本当にたくさんのバックパックがあり、ドイターも主要なタイプがほとんどあった。トランスアルパインも25 ℓと30ℓを比較でき、想像通り30ℓは大きかった。

 次に、ドイターのスパイダー30も比較に鏡で見る。しかし、初志貫徹。やっぱり、トランスアルパイン25だ。色は、オレンジがいい。娘・息子両方で使用できるに違いない。レジに向かう。

 早速、新旧並べての比較。おっと、ノースフェースの方が大きくみえ、30 ℓ以上はあったんだね。
  d1.jpg


 やっぱり、色が良い。ちなみに中央のベルトはヘルメットホルダー。僕は、こういった多機能のゴチャゴチャ具合が好み。
  d2.jpg


 裏面。これは、ドイターエアストライブシステムと呼ばれる、伝統の背中の熱気を排出するシステム。背中にべったり付かないよう立体的になっている。ヒップベルトでしっかり体に固定。左右の揺れも抑えるようになっている。自転車だけでなく、バイク乗りにもおすすめですね。
  d3.jpg


 メインの収納口。中にポケットが二つ。1泊2日くらいは余裕。
  d4.jpg


 フロントのトップのポケット。ここには財布や家のカギ、搭乗券をしまい、常に取り出しやすい状態に。メッシュポケットが2つとチャックが1つ。使い勝手は良さそう。
  d5.jpg


 フロントのボトムのポケット。昔はこんなポケットはなかった。ここは、常に出し入れをする防寒着をしまう。長袖4~5枚は余裕でしまうことができそう。なお、内側にチャックがあって、メイン収納と繋がるようになっている。
  d6.jpg


これは、内蔵されたレインカバー。雨が降ったら、このカバーですっぽり覆うことができる。すげー。
  d7.jpg


 そのほか、サイドにマップポケットがあったり、ヒップベルトにもメッシュのポケットがあったり。H2O(エイチツーオー。水だ。)システムを装備しており、別売のチューブ式水筒で、水分補給ができる仕組みも(まぁ、使わないけど)。

 ほんと、20年振りくらいに買い替えたもんだから、使うのが楽しみである。今後、20年となると娘は30歳、息子は26歳。それほど愛着を持って家族で使いたいものだ。

  

2012-08-27(Mon)
 
プロフィール

ふみゆ

Author:ふみゆ
自転車で東京ライフにゆとりを

にほんブログ村のみなさんの画像
フリーエリア
よければポチッとクリックして下さい。
にほんブログ村 自転車ブログへ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。